www.duckfest13.com

融資を受けたケースは、支払う時には利子分を含めての支払いになるのは知っていると思います。キャッシング会社は経営の利益を狙いとした会社なのですから必然です。しかしお金を支払う方は、わすかでも少なく返金したいというのが本心でしょう。利息制限法が施行される以前は年率30%近い利息返済していましたが、設けられてからは高利息でも年率18%位とかなり低く設けられているので、相当お得になったはずです。最近のローンキャッシングの利息の範囲は4%位から18%位の範囲に定められていて、利用限度額により定められます。利用限度額は申込者の査定によって決まります。総量制限により一年の収入の1/3までと定められていますので、一年の収入がどれほどあるのか?どういった職業なのか?カードローンの使用状態はどうなのか?もろもろ審査され与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードを使ったキャッシングの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で内容は変わります)と広い範囲があります。こうしてその範囲の中で決められた利用可能額により金利も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら年4%といった数値になるでしょう。要するに信用が高ければ、与信限度額も高くなり、利子も低くなります。この利息に疑問を抱くのは僕だけでしょうか?余談となりますが、金融会社にとって、それらの事実は常識なのでしょうが、一年の収入の高い人がお金の借入れが不可欠と考えずらいですし、万が一借りたケースでも利息が良かろうが悪かろうがお金を返す事に追われる事はないのです。反って年の収入悪い人は咄嗟にお金が必要だから融資を受けるという人がいて、利率が良くないと返済に困るようになるはずです。ですから利用可能範囲の少ない人にこそ低金利で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この考えは使用する立場としての考えです。これらの事を考えると、金利を良くする為にはどのようにすれば良いのか何となく気付いたでしょう。現実、これから述べる方法で、申し込む人が大勢いるので紹介しますと、クレジットカードの申し込みをする際、年収の1/3ぎりぎりの額まで申し込むのです。年収600万円なら200万円。申し込み、審査で全額通ればその分だけ利子が良いクレジットカードを持つことができるのです。と言ってMAXギリギリまでキャッシングしなければいけないわけでもないのです。5万円でも30万円でも必要な分だけの使用可能です。そのうえ利用限度可能金額が300万円で最低利子年率7%位の金融会社もあります。そちらを申し込めばその会社の最低利率で受ける事ができます。どうでしょうか?考え方次第で低利率のキャッシングカードを手にすることが出来るのです。自分の一年の収入と金融業者の金利を並べて、考える事に時間を掛ければ、より有利な条件で返済ができるのですから、面倒だと思わず調べるようにしなければなりません。

Link

Copyright © 1996 www.duckfest13.com All Rights Reserved.